読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱き働き人 法人本部人事部課長 前田昌亮(まえだまさあき)

プロフェッショナル論~働く上でのこだわり~

私の所属は人事部になります。医師・看護師採用を中心に業務をしています。病院の行く末に多大な影響を与えていると常に感じています。過去の採用において、組織がプラスに転化したことも、逆に残念ながら混乱したこともあるのではと思います。所属長である今、私の働く上でのこだわりは期待されていることへ絶対的な責任を持つということです。どれだけ失敗を重ね、批判を受けようとも、自分に求められていることを理解し、最後には成果を出す。これこそが責任を果たすことだと思っています。過去をしっかり見つめ、これからの未来は期待されている以上のことをチーム全体で成し遂げるつもりです。人事部も私も必ずやり抜きます。

明日への挑戦~自らに課している要求~

セクショナリズムをぶっ壊したい!自分たちの持ち場しか、やりたくない。そんな風土を少しずつ変えたいです。この企画『熱き働き人』には、あらゆる年代・あらゆる職種の人に参画して欲しいと願っています。この企画こそが旧体制を取り壊すスタートになると信じています。過去に似たような経験をしています。私は人材紹介サービスをしているインテリジェンスという会社の出身で、在籍時に学生援護会という会社の買収が決まりました。当時、両社とも1,500名ほどの会社同士がひとつになり、協力的な風土が醸成されず、組織は大混乱をきたしました。この問題を打破するために、ブランド向上委員会なるものを立ち上げました。ここでのブランドという言葉の意味は中の社員からのブランド、すなわち自分の会社に誇りを持てるかどうかということです。当時の活動内容はこれから『熱き働き人』でやりたいことと同じです。自分が働いている場所を自分自身が誇りに思うため、まずは発信したい人が立ち上がりました。誰かに与えられることを期待しているのではなく、他でもない己自身が動けば変革は起きると実感した次第です。今の私たちはどうでしょうか?杏嶺会に誇りを持てていますか?この企画が継続した暁には答えが出るはずです。

理想の病院~こういう病院にしたい~

二つの理想を追い求めたいと思っています。私たちのお客様は患者様です。ひとりでも多くの地域患者様を元気にしたい。顧客満足度を追求できる病院でありたいと思います。それと同時に職員も元気でありたい。自分の家族に杏嶺会で働くことを誇りに思うと言いたい。従業員満足度を追求できる病院でもありたいと思います。好き勝手にここまで述べてきましたが、時代が変化する限り、組織も変化すべきだと私は考えています。その変化の渦の中心に自分は常にいたいですし、職員の皆様の心を青臭い理想で染めていきたいと思っています。これからもこの『熱き働き人』が発行されていくのを是非楽しみにお待ちください。

法人本部 人事部 課長 前田 昌亮 (まえだ まさあき)

f:id:kyouryoukai:20161013160607j:plain