読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱き働き人 消化器外科部長・腹腔鏡センター長 笹本彰紀(ささもとあきとし)

プロフェッショナル論~働く上でのこだわり~

医師に求められる要素は大別すると、「技術」「知識」「姿勢」であると考えています。私は臨床医として‘この患者様が自分の親なら、兄弟なら、子供ならばどういう治療法を選択するのか’という事を常に考えています。その為には「技術」である手術のみならず、抗癌剤なども含めた最新の治療法の「知識」も必要となってきます。ゆえに学会・勉強会へは積極的に参加し、日々「知識」の向上に努めています。「技術」である手術に関しては、鏡視下手術や高難度な拡大手術は長時間になることもありますが「止まない雨はない。終わらない手術はない」と自分に言い聞かせ、術後の元気な患者様のお顔を思い浮かべ、最後まで粘り強く手術に取り組んでいます。「姿勢」に関しては、患者様は医師個人を選んで来院されるのではなく、一宮西病院を選んで来て下さっているのだと、常に肝に銘じています。患者様一人一人を外科チーム全員で診ていこうという姿勢を常に持っていたいですし、若い医師にはそのように指導しています。自分の患者様以外でも“優しく声をかける”当たり前ですがそんな些細なことが大切だと思っています。

f:id:kyouryoukai:20170131170651j:plain

明日への挑戦~自らに課している要求~

相反する2つの治療に、日々挑んでいきたいと考えています。1つ目は、腹腔鏡手術を含めた低侵襲治療です。こんにち、鏡視下手術は目覚ましい進歩を遂げており、メリットである回復が早い、整容性が良いことは間違いのない所となっています。当院も1つでも多くの疾患に適応を広げていきたいと考えています。2つ目は、超進行癌の切除、肝胆膵領域の手術、骨盤内臓器全摘術、難治な再発癌に対する切除術など、高度な技術が要求される拡大手術で、根治性を重視し積極的に行いたいと考えています。実際、これらの手術時間は長く、術後管理にも時間を費やしますが、協力してくださっている手術室スタッフ、その他の医療スタッフの方々には心から感謝しています。私は、低侵襲治療から拡大手術までの数多くの選択肢の中から、多種多様な疾患・病態をかかえる一人一人の患者様に対し、最善の治療方法をご提供出来るよう、常に挑戦していきます。日々進歩し続ける外科治療の流れに乗り遅れることの無いよう、良いと思う治療法はキャッチアップし、ひとつひとつ十分吟味した上で“できる”と確信したのち、どんどんチャレンジしていきたいと思っています。

f:id:kyouryoukai:20170131170614j:plain

理想の病院~こういう病院にしたい~

杏嶺会理念『街と人が明るく健康でいられますように』を実現するための、「職員の行動と意識の指針」を今一度思い出してください。

患者様・利用者様及び家族のために

・私たちは、高い技術への自己研鑽に励みます

・私たちは、安全のために細心の注意を払います

・私たちは、常に業務改善を目指して創意工夫します

・私たちは、チームワークで医療・福祉のサービスを提供します

・私たちは、地域との密接な連携を大切にします

・私たちは、社会規範を遵守します

全ては上記に集約されているのではないでしょうか。私は、毎月の朝礼での唱和の度、自分はしっかり出来ているのか?と自問自答しています。既存の物事を変えようとする時、大変な労力が必要になります。しかし、何か行動を起こさなければ何も変わることはありません。自分が働いている職場に誇りが持て、開業医の先生、地域の方々からも“一宮西病院で診てもらって良かった”と思っていただけるよう、より大きな信頼を得られる病院になればと思い、日々邁進しております。部署は違っても職員の皆様一人一人が“自分の職場を誇れるものにしたい”という同じ気持ちを持つことができれば、少しずつでも病院は変わっていくと確信しています。

消化器外科 部長 腹腔鏡センター長 笹本 彰紀 (ささもと あきとし)