読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後期研修医対談 “成長できる最高のロールモデルと圧倒的な場数”

白坂暢朗(脳神経外科 後期研修医) × 篠田明紀良(循環器内科 後期研修医)

f:id:kyouryoukai:20170223101337j:plain

他院よりも早く多く経験を積む

(白坂)早いもので、後期研修が始まってから3か月(※)が経ちましたね。本当にあっという間でした。(※2016年8月時点)

(篠田)本当に。症例をどんどん回してもらえるから、その対応だけで時間が過ぎていきますよね。

(白坂)たしかに。この3か月だけでも、症例はかなり経験できました。

(篠田)病院自体がまだ若くて症例数が伸びていますからね。

(白坂)携わらせてもらえる診療の幅も広いなと思います。脳神経外科では上の先生方のオペに助手としてどんどん入れますし、執刀医を任せてもらえるオペもあります。

(篠田)循環器内科もかなり早く経験を積ませてもらえますよ。この3か月間で、診断カテーテルはオペレーターとして100件近く経験させてもらいましたし、2か月目には治療もファーストオペレーターとして最初から最後までやらせてもらいました。他ではなかなか珍しいようなので、本当に感謝しています。

f:id:kyouryoukai:20170223101434j:plain

尊敬する指導医をロールモデル

(白坂)指導医の先生はどうですか?

(篠田)指導医の寺村先生(医師13年目)はカテーテルの技術だけでなく、人柄含めて素晴らしいと思います。

(白坂)もう少し具体的に言うと?

(篠田)指導には熱があるけれど、カテーテル中はとにかく冷静。声を荒げているところを見たことがありません。急変の患者さんが多い中、常に冷静で、周りのスタッフへの指示も的確なんです。寺村先生がいつも落ち着いているからこそ、周りも余計な心配をせずにスムーズに動けていると感じます。

(白坂)僕の指導医の伊藤先生(医師11年目)も同じで、とにかく冷静。まだ30代半ばの若手エースとして部長も太鼓判を押していて。それでいて常に謙虚。憧れます。

(篠田)経験が10年くらい上の先輩医師は、ロールモデルとして見やすいですよね。自分が10年後にどういう風になるかイメージしやすいし、腕を磨かなければというモチベーションになる。とはいえ、本当に寺村先生ほどのレベルに到達できるのか、気が遠くなることもありますが……(笑)

(白坂)今の僕らにできることは何よりも場数……できるだけ多くの経験を積むことですよ。きっと。

f:id:kyouryoukai:20170223101455j:plain

一宮西の専門医第1号になる

(篠田)当面の目標はありますか?

(白坂)先生方が僕たちに期待してくれているのも感じますし、その期待に応えたいなと。だから、僕は当院で脳神経外科専門医の取得者第1号になって、「一宮西で専門医を取れるぞ」って証明したいんです。

(篠田)僕も、まずは専門医の取得に向けてとにかく頑張りたい。このペースで症例を積めたら、他院では考えられないくらいの症例を後期研修で経験できると思います。専門医を取得する頃には、カテーテルがものすごく上手くなっているはず。その僕を見て研修医の先生方に入職してもらえたら嬉しい。

(白坂)一宮西で後期研修を経験すれば、多数のカテーテルを経験できて、これだけ上手くなれるよと示すわけですね。そして、僕らが指導をする。そういえばこんな話、前に篠田先生と食事したときにも出ましたよね。初期研修医が能力を磨ける環境を、僕ら後期研修医がつくっていけたらいいんじゃないかって。

(篠田)そうそう。指導医の寺村先生はじめ、上の先生方の優しく熱心な指導を受けていると、僕も早く一人前になって役に立ちたいって気持ちが込み上げてきますね。

(白坂)一緒に頑張りましょう!

f:id:kyouryoukai:20170223101522j:plain