読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一宮市・中野正康市長が、杏嶺会グループ「あんず保育所」の施設見学に訪れました

本日、一宮市中野正康市長と一宮市役所こども部の皆さまが、杏嶺会グループ「あんず保育所」の施設見学に訪れました。

f:id:kyouryoukai:20170510183106j:plain

一宮市は働く親を支援する“病児保育”の導入に注力しはじめました。それを受け、杏嶺会グループの「あんず保育所」では、病児保育の提供を今年の4月よりスタートしました。病児保育の提供は、一宮市内では初の試みです。

f:id:kyouryoukai:20170510183125j:plain

病児保育とは、親が仕事などで不在の時に病気のこどもを預かるサービスで、看護師と保育士が一人ずつ常駐し、看病しながら保育するというものです。また、症状が急変したときは一宮西病院の小児科が対応します(※)。

今回の中野市長の訪問は、同サービスの運用状況の確認を目的としたものです。

(※)前日までに要予約。預ける前にかかりつけ医の診察が必要です。