CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」 第6回(令和元年5月8日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」第6回(令和元年5月8放送内容) 
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、寺本智彦医師(一宮西病院循環器内科部長・ハートセンター副センター長)

f:id:kyouryoukai:20190515104727j:plain

(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~心臓病について~』。日本人の死因第2位の心臓病について専門の先生のお話を伺います。ゲストは一宮西病院・循環器内科部長でハートセンター副センター長の寺本智彦先生です。よろしくお願いします。

(寺本)よろしくお願いします。

(小高)先週は「心臓弁膜症」についてということで、弁膜症にも何種類かありますというお話を伺いました。

(つボイ)心臓には弁が4つあって、それぞれの弁がうまく働けなくなるのが「弁膜症」ということでしたね。

(小高)そして、どの弁がどう悪くなっているのかで種類が分けられていましたね。狭くなって血液の流れが悪くなっているのか、開閉がうまくいかなくなって血液が逆流しちゃったりするのかっていう、その組み合わせのいろんな症状があるよってことでした。

(寺本)おっしゃる通りですね。

(小高)この、血液の流れが悪くなったり逆流したりすると、どういう症状が出るんですか?

(寺本)そうですね。「大動脈弁狭窄症」を例に挙げます。心臓の左心室が収縮したり拡張したりして全身に血液を送っているんですが、通り道として「大動脈弁」を通って最終的に全身に血液が流れます。その大動脈弁のところが狭くなっておりますので、簡単に言うと、全身に血液が送られにくくなってしまいます。通り道が狭いわけですから。

(小高)血液がドンドンドン!と出るはずが、チョロチョロチョロ…となってしまうんですね。

(寺本)その通りです。なので、心臓は全身に血液を送っていますので、当然その通り道が狭くなってくれば脳に送る血液や他のいろんな臓器に送る血液が相対的に減ってしまいます。本当にひどくなってくると、「脳虚血」のような意識を失うということもでてきます。弁膜症の症状で、意外にも一過性の意識消失、つまり意識を失ったり脳貧血・脳虚血という症状も出てきたりします。

(小高)初期症状としては何かあるんですか?

(寺本)そうですね。「大動脈弁狭窄症」では初期症状はほとんど無い、といえます。逆にいうと、『症状が出てくるようになると相当重度だ』と僕らの世界では言われております。

(小高)よく、ちょっと動くと息が上がって動けなくなって、しばらく休んでまた歩いて、また動けなくなって・・・という症状も聞いたことあるんですが?

(寺本)それは、左心房と左心室の間にある「僧帽弁」の「逆流症」がひどくなってくると起こる症状です。1回送ったはずの血液がまた戻ってきますので、心臓にとっては積み上げた積み木をガチャンとくずされてまた詰め!と言われているようなもので、相当負担が強くなってきます。さらに、送ったはずの血液が戻ってきますので、左心房がどんどん大きくなってきちゃうんです。そうすると心臓全体にもどんどん負荷がかかってきて、最終的には心臓と繋がっている肺の血圧が上がってきてしまう「肺高血圧」という状態になって、これが息切れに繋がってきます。

(小高)これは、放っておくと大変なことになりますよね?

(寺本)そうですね。これがあまりにも重度になってくると、いろんなことを代償しようとして、心臓がどんどん大きくなってきちゃうんです。「大きいことはいい事だ」とは言いますけれど、心臓は大きいのはやっぱり良くないんです。心臓のスペースはある程度限られていますので、肥大しきれなくなると心臓の機能が全うしきれなくなって「心不全」状態になります。

(つボイ)それは、どうやって治したらいいんですか?

(寺本)心臓と身体は、車で言えば“エンジン”と“ボディ”です。エンジンが完全にガソリンを送れないような状態になっているので、「そういう車だったらどうしたらいいですか?」といわれれば、まずはボディを軽くする。つまり体重を落として、全身を循環する血液量を減らして、心臓の仕事量を減らします。例えば根本的な治療ではないですが、利尿剤を飲んでおしっこを出して、体重を軽くするなどの方法があります。

(小高)お薬による治療ということですね。

(つボイ)お薬で治せるときくと安心するんですが、手術とか色々あります。

(寺本)そうですね。本当にもう弁を取り替えなきゃいけないような場合は手術をお子合うこともあります。

(つボイ)それも最近は切り開いてどうのこうの・・・としなくてもいいんですよね?

(寺本)はい。カテーテル的に、胸を開けずにカテーテルで大動脈弁を取り替える方法があります。

(つボイ)私は当事者ですから、切り開かなくて手術ができるのはかなり安心できます。

(寺本)そうですね、やはり開胸手術ではなかなか体力が持たない高齢の方や、手術がちょっと難しい全身状態の方には、明るい話だと思います。

(小高)治療法もどんどん進歩していっていますね。今日もお話を伺いました。一宮西病院の寺本智彦先生でした。ありがとうございました。

(寺本)ありがとうございました。

(小高)リスナーの皆さんも、心臓病や脳卒中を中心に、健康に関する質問などありましたらこのコーナーはまでお寄せください。専門家の先生にお答えいただきます。新生活フロッピー、「健康のつボ~心臓病について~」でした。

 

◎第1回の放送内容はこちら

◎第2回の放送内容はこちら

◎第3回の放送内容はこちら

◎第4回の放送内容はこちら

◎第5回の放送内容はこちら

不整脈センター長・佐藤医師が、CBCテレビ「ゴゴスマ」にスタジオ生出演しました

本日5月10日(金)、CBCテレビの情報番組「ゴゴスマ」に、一宮西病院・循環器内科副部長 兼 不整脈センター長・佐藤大祐医師がスタジオ生出演しました。

番組名:ゴゴスマ~GOGO!Smile!~
放送局:中部日本放送
コーナータイトル:ゴゴスマ10分クリニック
テーマ:要注意「2人に1人」が高血圧予備軍 対策は食事(減塩)と運動 

f:id:kyouryoukai:20190510191440j:plainf:id:kyouryoukai:20190510191507j:plain

佐藤医師は日本高血圧学会の高血圧専門医として、新しいガイドラインや高血圧の対策等について解説しました。

 

CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」 第5回(令和元年5月1日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」第5回(令和元年5月1放送内容) 
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、寺本智彦医師(一宮西病院循環器内科部長・ハートセンター副センター長)

f:id:kyouryoukai:20190510093221j:plain

(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~心臓病について~』。日本人の死因の第2位の心臓病について専門の先生にお話を伺います。ゲストは一宮西病院・循環器内科部長でハートセンター副センター長の寺本智彦先生です。よろしくお願いします。

(寺本)よろしくお願いします。

(つボイ)たくさんのメッセージをいただいておりますけれども、ペンネーム『おっとどっこい』さんからです。『ローリング・ストーンズミック・ジャガー(75歳)が弁膜症の置換手術をしました。』というお便りですね。

(小高)このニュースがあったので、弁膜症についてやミック・ジャガーについてのお便りがたくさん来たんですよね。

(つボイ)来ましたね~。実は私もこの前お休みをいただいて、ちょっと病院にかかって精密検査、いわゆる造影剤を使った検査をやりましたが、私の場合は即手術をしなくても良いということでありました。それから、こちらのペンネーム『たかこ』さんという名古屋市名東区の方からは、『私は4年前に弁置換手術を受けました。半年リハビリをして元気になりましたが、 早く手術をして良かったと感じております。この5年で今一番体調がいいです』だそうです。

(寺本)素晴らしいことですね。

(つボイ)良かったですねぇ。それから、52歳の漁師の方からは、『牛の生体弁を使用することにしました。手術の成功率は97%ということをネットで知りました。でもこれは「100人に3人は死ぬのか・・・」と思い少し怖かったのですが、8時間に及ぶ手術は無事に終わり、今では牛肉を食べる前には必ず手を合わせるようにしております』とのことです。僕は生体弁は豚と聞いていましたが、牛もあるんですか?

(寺本)そうです。患者さんが選択できない部分ではあるんですけれど。

(つボイ)なるほど。焼肉屋さんは自分で選べるんですけどね。

(小高)患者さんの状態によって、先生が一番いいものを選んでくれるんですね。生き物を使った弁のほかに、機械のものもありましたよね?

(寺本)おっしゃる通りです。機械弁というものがございます。患者さんのご年齢や病態などによって一番合うものを判断していきます。

(つボイ)さっき私が牛や豚と言いましたが、ペンネーム『さきは』さんという20代の四日市市の方は『私の母も心臓弁の病気を19歳で患いましたが、50代になって今も元気にしておりますよ』ということです。この方は豚の生体弁を使われたそうです。また、ペンネーム『桃のチーズ』さんからもいただきました。『私の母は47歳でペースメーカーを入れましたが、見た目も73歳に見えず 、障害者というのは恥ずかしいくらいオシャレも楽しんでおります』ということです。さらに蒲郡の『まもちゃん』からは『55歳の時に人工弁にしました』といただいております。多いですね~。さっきは豚とか牛とかのいわゆる生体弁で、人工弁とは金属でできているんですか?

(寺本)そうですね。金属と考えていただいて間違いないです。

(つボイ)なるほど。続きを読みますと、『ただ、人工弁は血栓がつきやすいというデメリットがあるので、ワーファリンという血液をサラサラにする薬を毎日飲んでおります。しかし、ケガなどをして出血すると血が止まりにくくなるので、例えば歯ブラシも柔らかい毛のものを使って出血しないように気をつけております』と。こういうお便りがドドっと届くんです、先生。

(寺本)すごいですね。

(つボイ)僕の気になることなんですが、弁膜症にも先天性や後天性など色々あるんですよね?

(寺本)そうですね。原因は結構様々になると思います。

(つボイ)今は弁のいろんなお話が出ましたが、まず、心臓にはどんな弁があるんでしょう?

(寺本)はい。心臓は4つのお部屋に分かれているんですけれど、右心房・右心室・左心房・左心室の4つに分かれています。それぞれに弁がついていますので、弁は合計4つ付いています。右心房と右心室の間についているものが「三尖弁(さんせんべん)」、右心室と肺に繋がる間には「肺動脈弁」、左心房と左心室の間に「僧帽弁(そうぼうべん)」、そして左心室と大動脈の間に「大動脈弁」という弁がついています。

(小高)その弁が狭くなるのが「狭窄症」ですよね。他にはどんな病気があるんですか?

(寺本)一般的に狭くなる「狭窄症」と、弁というのはとても絶妙なタイミングで開いたり閉じたりしているんですが、少し開閉が合わなくなってしまうときがあります。

(つボイ)閉まりが悪くなってしまう?

(寺本)そうですね。閉まりが悪くなってしまって、送ったはずの血液がまた戻ってきてしまう「逆流症」があります。なので、弁膜症は、送ったはずの血液が戻ってきてしまう逆流症と、送るための血液が送りにくくなってしまう「狭窄症」の大きく2つになります。

(小高)その弁の名前と、その症状の組み合わせで、いくつかの弁膜症の種類があるということですね。

(つボイ)そして治療法が違ってくるということですから、来週はそのあたりのお話しをお聞きしたいと思います。

(小高)先生、来週もよろしくお願いします。一宮西病院の寺本智彦先生でした。「健康のつボ~心臓病について~」でした。

 

◎第1回の放送内容はこちら

◎第2回の放送内容はこちら

◎第3回の放送内容はこちら

◎第4回の放送内容はこちら

市民公開講座 2019年5月の開催予定をお知らせします

地域にお住まいの皆さんがご自身の健康に関心を持っていただけるよう、当院では尾張西部医療圏(愛知県一宮市稲沢市)を中心に「市民公開講座」を開催しています。2019年5月の開催予定をお知らせします。

f:id:kyouryoukai:20190509090455j:plain

【肛門の病気のお話】

開催日:令和元年 5月 21日(火)
時 間:開演 14時(開場 13時30分)
場 所:i-ビル(尾張一宮駅前ビル)7階シビックホール
講 師:佐藤 知洋 医師(一宮西病院 肛門外科部長)
参加無料/申込先着200名

f:id:kyouryoukai:20190509090520j:plain

【消化管 入口・出口のお話】

開催日:令和元年 5月 20日(月)
時 間:開演 14時(開場 13時30分)
場 所:i-ビル(尾張一宮駅前ビル)7階シビックホール
講 師:馬場 卓也 医師(一宮西病院 外科 医長)
参加無料/申込先着200名

f:id:kyouryoukai:20190509090804j:plain

いずれの講座も参加は無料ですが、事前申込が必要となります。参加したい講座名、参加人数、お名前(複数人ご参加の場合は代表者さま)をお電話にてお知らせください。

一宮西病院内・市民公開講座事務局
TEL:0586-48-0077(代表)
受付時間/平日午前9時~午後5時(土日祝日除く)

◎先着順となります。定員に達しましたら申込受付を締め切らせていただきます。ご了承ください。

CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」 第4回(平成31年4月24日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~心臓病について③~」第4回(平成31年4月24放送内容) 
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、寺本智彦医師(一宮西病院循環器内科部長・ハートセンター副センター長)

f:id:kyouryoukai:20190502102024j:plain

(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~心臓病について~』。日本人の死因の第2位の心臓病について専門の先生のお話を伺っております。今日も一宮西病院・循環器内科部長でハートセンター副センター長の寺本智彦先生に来ていただきました。先生、よろしくお願いします

(寺本)よろしくお願いします。

(つボイ)私と小高は心臓に病を持つ人間なのでどうにもコーナーを楽しみでやっておるんですが、私なんかは心筋梗塞で、明け方ぐらいにグーッと胸が痛みまして、だんだん痛みが強くなっていきました。

(小高)めちゃくちゃ痛かったんでしょう?

(つボイ)めちゃ痛かった。それで病院に駆け込んで、私としては本当に「突然発症したな!」という気がするんですけれども、先生、これはあらかじめ色んな予兆や前兆はあるんですか?

(寺本)ある方もいらっしゃいますが、ない方も珍しくないと思います。

(つボイ)なかったのか、気がつかなかったのか…。

(寺本)そうですね。患者さんからよくよくお聞きすると「あ、そういえば…」ということもあるのですが。

(小高)例えばどんな前兆があるんですか?

(寺本)典型的なのは、例えば通勤の途中に家から駅まで歩いていって、電車に乗ろうとして駆け込んだ瞬間に『胸がグーッと圧迫されるように重苦しく感じる』とか。

(小高)ありました?

(つボイ)無かった。

(寺本)あとは、最近『肩こりがひどくなった』とかですね。

(つボイ)肩こりは前からあったからなぁ。

(寺本)心筋梗塞を起こされた方の10人中3人ぐらいは、「最近とにかく肩こりがひどかった」と言われています。

(つボイ)へぇ~。他にもどこかに出る症状はありますか?

(寺本)そうですね。あとは『胃のもたれ感』とかです。胃もたれがひどくて胃カメラ検査を受けたけれど「全然問題ないですよ」って言われたんだけど・・・という方もいらっしゃいます。

(つボイ)あ、私の友達がそうだったんです。私は胸が痛くてすぐに病院に行きましたが、友達の場合は「なんだか胃がおかしいから、胃薬飲んで、明日か明後日ぐらいに病院に行こう」で、実はそれが心筋梗塞で亡くなってしまいました。

(小高)心臓の病気だから心臓が痛くなるのかと思いきや、胃とか心臓じゃない部分に痛みを感じる方もいるんですね。

(寺本)これはですね、心臓の血管の中の「右冠動脈」という心臓の右側にある血管が、胃のそばを走っているんです。なので、そこが狭くなっていたり詰まったりしたときの症状を胃の症状だと勘違いされる方が結構いらっしゃるんですよ。吐き気や嘔吐などが心筋梗塞の予兆になっていることもあります。

(小高)胃が痛む病気にも胃もたれなど色々あると思いますが、病院に行って調べたら「これは胃じゃなくて心臓が原因だよ」って分かるんですか?

(寺本)そうですね。心電図をとれば分かることは多いです。ただ、つい胃の症状なので心臓だとは思わなくて…ということは僕らの世界でもよくある話なので、やっぱり『疑ってみる』っていうのは凄く大切です。

(小高)患者さんも、胃が痛いときにも胃の病気だと思い込まないで、他の疾患を疑う知識は必要ですよね。

(つボイ)本当はこういう症状は見逃してはいけませんけれど見逃しがちになってしまうので、私のように心臓が痛くなって“こんな苦しい目に心臓があっている”ということの方がひょっとした幸せだったのかもしれませんね。

(寺本)おっしゃるとおりですね。痛みは体のアラームなので、体が「もうとにかく何とかしてくれ!」と叫んでいるようなものです。でも症状があまりないと、どうしても病院にかからないということになっちゃうんですよ。

(小高)検査というと、心電図を見ればほとんどの心臓病は分かるものなんですか?

(寺本)実は、安静にしている時の心電図ではなかなか原因が分からないこともあるんです。なので、ベルトコンベアの上を走っていただいて心臓に負荷をかけてから心電図をとるなどの『運動負荷試験』というのは結構大事です。

(小高)私、この前の狭心症の検査でやりました。ベルトコンベアで何分か早歩きをしてから心電図をとりました。さっきの話じゃないですけれど、最近あごのあたりがキューっと痛くなって、私たちはシリーズで心臓病についてのお話を聞いてきて、「あごが痛くなることもありますよ」って前に伺ったから心配になってきて…。そしたらベルトコンベアで歩かされて検査したら「大丈夫です!問題ないです!」って言われたんですけど、次の日に足が痛くて痛くて・・・筋肉痛でした。

(つボイ)運動不足や!

(小高)そっちのほうが大変でした。でも何かしらの前兆とか自覚症状とかみたいなものがあって、検査して病気が判明するってこともありますから、私たちもしっかりそのことを覚えておくのも大事。けれどつボイさんのように、本当に突然起こるのも心臓病の特徴。

(つボイ)健康診断とかのときにちょっと調べてもらうということも大事だと思います。

(小高)はい、今日も一宮西病院の寺本智彦先生にお話を伺いました。ありがとうございました。

(寺本)ありがとうございました。

(小高)皆さんも心臓病や脳卒中に関して、専門家の先生に教えて欲しいことがあったらこのコーナーまでお寄せください。

(つボイ)お待ちいたしております。

(小高)「健康のつボ~心臓病について~」でした。

 

◎第1回の放送内容はこちら

◎第2回の放送内容はこちら

◎第3回の放送内容はこちら

MICS CABG(低侵襲冠動脈バイパス術)の見学で3人の医師が来院されました

MICS CABG(低侵襲冠動脈バイパス術)の見学のため、北海道大学の若狭哲先生、名古屋大学の伊藤英樹先生、三重大学の伊藤久人先生が一宮西病院を訪問されました。

f:id:kyouryoukai:20190501081658j:plain

ハートセンター長の菊地医師は2011年より低侵襲心臓手術(MICS)を数多く手がけ、現在は国内外で数多くの手術指導を行っています。

◎MICS心臓センターの紹介ページはこちら

https://www.anzu.or.jp/ichinomiyanishi/center/mics/

一宮西病院はゴールデンウィークも一部診療を行います

地域の急性期医療を担う一宮西病院では、ゴールデンウィーク中も一部通常診療をいたします。

【2019年 GWの外来診療スケジュール】

●4月30日(火) ・・・ 通常診療(国民の休日
●5月1日(水) ・・・ 通常診療(新天皇即位の日)
●5月2日(木) ・・・ 通常診療(国民の休日
●5月3日(金) ・・・ 休診日(憲法記念日
●5月4日(土) ・・・ 休診日(みどりの日
●5月5日(日) ・・・ 休診日(こどもの日)
●5月6日(月) ・・・ 休診日(振替休日)

5月7日(火)より通常診療に戻ります。また救急外来では、ゴールデンウィーク中も24時間体制で診察いたします。

f:id:kyouryoukai:20190304163035j:plain

一宮西病院は、●24時間365日、いつでもどんな怪我や病気も断らない ●最新の設備と高度な医療技術の提供 ●患者さま中心のきめ細かい医療サービスの実践…を基本方針に、地域のニーズに沿った、患者さん中心の医療を目指して参ります。