CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第12回(令和2年3月25日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第12回(令和2年3月25日放送内容)
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、市橋敬医師(一宮西病院循環器内科医長)

f:id:kyouryoukai:20200330175045p:plain

(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~足は第二の心臓~』。血管が専門の先生に血管の病気についてお話を伺います。ゲストは一宮西病院・循環器内科医長の市橋敬(いちはしけい)先生です。今日が最終回ということですが、先生、よろしくお願いします。

(つボイ)よろしくお願いいたします。

(市橋)よろしくお願いします。

(小高)タイトル通り、『足は第二の心臓』ということで。足の血管は足だけではなく、身体全体に繋がるとても大事なところですよというお話を伺ってきました。

(市橋)そうですね。今日は最終回ですので復習テストをしたいと思います。

(つボイ)あら!そうですか。

(市橋)まずですね、血管や動脈は何層になっているか覚えておりますか?

(小高)つボイさん、ズバリ何層でしょうか?

(つボイ)3層!

(市橋)はい、正解です!よく覚えていました。

(小高)おめでとう!

(市橋)外側の外膜、中の中膜、そして一番内側の内膜です。この内膜の部分にコレステロールあるいはカルシウムが沈着すると、中がどんどん狭くなって詰まってしまう。これが動脈硬化と言われています。

(小高)はい!覚えています。バームクーヘンは穴が小さくて身が詰まっている方がいいけど、血管は穴が大きい方がいいと。

(つボイ)ちくわもそうだもんなぁ。

(小高)ははは。いやぁ、私たち優秀だね。

(市橋)足の血管で動脈硬化が起きたら、心臓や脳じゃないから大丈夫だと思われていませんか?

(つボイ)なんかね。心臓からも脳からも離れているし。

(小高)だけど、動脈と言うと心臓から枝分かれして繋がっているわけですから、足で動脈硬化がある人は心臓で起きても不思議はないと。

(市橋)そのとおりです。足の動脈がある方で、その内40%に心臓の血管や脳の血管に病気が発展してるというデータもあるので、僕は足の血管の病気を氷山の一角ならぬ、病気の病の字を取って『病山の一角』という風に、僕は考えております。

(小高)その足の動脈硬化を治す「カテーテル治療」というのが先生のご専門でしたが、その前に気づきたいともお話していましたね。

(市橋)どういう検査で見つかるかは覚えていますか?英語3文字です。

(つボイ)小高さん。

(小高)ABC!

(つボイ)あらら。最後の文字が違っています。

(市橋)ABIですね。それでは、つボイさん。どんな検査だったかは覚えていますか?

(つボイ)これは覚えていますよ!手と足の血圧を測ることができると。

(市橋)大正解です。足の血圧が手の血圧よりも著明に低い場合は、異常値です。

(つボイ)同じ数字じゃないといけないの?

(市橋)大体同じか、足の血圧がちょっと高めくらいが通常です。例えば、手の血圧が140ある方が、足を測ったら70しかないという場合は、一大事です。

(つボイ)血圧が高くて悩んでいる方が、足を測ったら低いなんていうときでも喜んではいけないと。

(市橋)喜んではいけないですね。

(小高)はい。あと、あれを私は覚えていますよ。このABIは4つの血圧を測るんでしょ?だから、血圧計4つ買うよりも検査料が安かった!

(市橋)はい、大正解です。

(小高)やった~!

(市橋)3割負担の方で、数百円とかなりリーズナブルに。なおかつ異常値が出た場合の診断精度がすごく高いと知られていますので、お得な検査じゃないかなという風に思います。

(つボイ)あなたはお金が絡むとちゃんと覚えているのね。

(小高)でも、お金の負担がそれだけ少ないなら、ある程度お年をめした方で、症状が無い方でも検査してみることができますよね。

(市橋)検査してみてもし問題があれば、お薬、運動療法、我々が行うカテーテル治療もありますので…。ちなみにカテーテル治療は、足ばかりではなくて、手からカテーテルを入れて治療できる場合もあります。

(小高)足の治療なのに手から?

(つボイ)手だと、どこから?

(市橋)親指の付け根の動脈です。

(つボイ)肩の辺から入れるならまだ近い気もしますが、親指なんだ。

(市橋)足の血管の場合はですね、カテーテルを入れた後の止血に時間がかかり、すぐに歩くことができませんので、今は低侵襲の治療流行りになっておりまして、親指から入れて直後から歩けるような形にするというのが新しい方法です。

(小高)患者さんの負担が少なくなりますね。これは、痛いのが大嫌いなつボイさんには非常に良いと。

(つボイ)本当ですね。でも、先生は手から足までずーっと通さないといけないから大変ですね。

(市橋)病変によっては足からでないと治療できない病変がありますので、一度ご相談いただければと思います。

(小高)はい。ということで今日が市橋先生の最後の回となりますが、何かあったら先生のところへ駆け込もうと思っておりますので、宜しくお願い致します。

(市橋)はい。いつでもお待ちしております。

(つボイ)駆け込めないくらい足が痛くなるまで放っておいてはいけないよ。

(小高)ははは。本当ね。駆け込まないといけない。はい、ということで足も注意してみていきましょう。一宮西病院の市橋敬先生にお話を伺いました!ありがとうございました。新生活フロッピー『健康のつボ~足は第二の心臓~』でした。

 

  ◎第1回の放送内容はこちら

  ◎第2回の放送内容はこちら

 ◎第3回の放送内容はこちら

 ◎第4回の放送内容はこちら

 ◎第5回の放送内容はこちら

  ◎第6回の放送内容はこちら

  ◎第7回の放送内容はこちら

  ◎第8回の放送内容はこちら

  ◎第9回の放送内容はこちら

  ◎第10回の放送内容はこちら

  ◎第11回の放送内容はこちら

 

CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第11回(令和2年3月18日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第11回(令和2年3月18日放送内容)
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、市橋敬医師(一宮西病院循環器内科医長)

f:id:kyouryoukai:20200325110441j:plain
(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~足は第二の心臓~』。血管が専門の先生に血管の病気についてお話を伺います。ゲストは一宮西病院・循環器内科医長の市橋敬(いちはしけい)先生です。よろしくお願いします。

(つボイ)よろしくお願いいたします。

(市橋)よろしくお願いします。つボイさんと小高さんは長生きしたいですか?

(小高)いきなりの質問です。

(つボイ)そうだなぁ。まだまだやり残したこともあるもんな。

(小高)それは長生きしたいですよ。

(市橋)そうですよね。世界有数の長寿国と言われる日本ですけど、厚生労働省の発表によると日本人の寿命は男性で79.6歳。女性で86.3歳です。

(小高)つボイさんはあと10年ですね。

(つボイ)この番組もあと10年ということになるかなぁ。

(小高)10年!? ははは。

(市橋)20年くらいは頑張っていただかないと。

(つボイ)ありがとうございます!

(小高)元気に長生きしたいですよね。

(市橋)そうですね。今話題の『健康寿命』というものがありまして、実はこれが大事だと言われております。

(小高)やっぱり!そうですよね。

(市橋)定義としては「誰かの手助けを必要とせず、自分で自分の周りのことができるような生活ができる年齢」が健康寿命と言われています。厚生労働省が発表によると、日本人男性で70.4歳 。女性は73.6歳で、実際の寿命よりもずっとずっと少ないということになります。

(つボイ)ちょっと。もう私あかんやん。過ぎとるやん。

(小高)でも、別に誰かに手助けしてもらわないと生きられないことは今のとこないでしょ?

(つボイ)誰も手伝ってくれません。

(小高)ははは。じゃあこれはクリアということですね。

(市橋)そうですね。平均寿命と健康寿命を引き算すると、大体、男性も女性も10年程度は亡くなるまでに誰かの手助けを必要とするという結果になるんですね。

(小高)そういう風に見ることもできるわけですね。今は介護する側も年老いている『老老介護』という問題もありますしね。

(市橋)介護や手助けが必要になる状況は人それぞれですけども、動脈硬化で足を悪くして歩けなくなるのもひとつの原因として考えられます。

(つボイ)ひとつのバロメーターといいますか。行動範囲が狭くなり、運動しなくなって、ちょっとしたことが原因で歩けなくなると。この前、私も畳の上のじゅうたんの厚さでつまづきましたし・・・。

(小高)ははは。でも、やはり歩く距離は気にしたほうがいいんでしょうか?

(市橋)そうですね。症状がある方は普段からよく歩いている方に多いです。しかし、逆に症状がないからといって、実際自分が何m歩くことができるかをあまり意識される方が少ないので、意識していく必要はあるかなと思います。

(小高)そうか。あまり普段の生活で歩かない人は、症状に気づけないと。

(市橋)分からないかと思いますね。逆に痛む前に歩くのをやめてしまったり、外に出る機会を自分から制限してるということもあります。

(小高)最近外にあまり行かなくなったなぁと思っていたら、実は無意識のうちにストップしていて、歩いたら足が痛くなってしまうような『跛行症状』になっている可能性もあると。つボイさんは結構歩きますか?

(つボイ)私はあっちこっちうろついています。テーマパークでは最長3万歩歩きました。

(市橋)すごいですね。足は痛くならなかったですか?

(つボイ)ならなかったです。

(小高)私はこの前、1日中家から出なかった日は700歩でした。同じような人は、もしかしたら1000歩歩いたら足が痛くなるかも。

(市橋)毎日700歩の人は、本当に症状が分からないかもしれないですね。

(つボイ)ある程度歩いてみると。そうしないと自分の足が正常かが分からないと。

(小高)本当に健康寿命という観点からしても、足はすごく大事ですね。

(つボイ)ちゃんと注意をしておかないといかんということですね。

(市橋)そういうことですね。

 (小高)はい。ということで今日も一宮西病院の市橋敬先生にお話を伺いました!市橋先生による足のお話は来週が最終回になります。本当に足は大事なので、皆さんしっかりと心して聞いてくださいよ。先生、来週も宜しくお願いします。新生活フロッピー『健康のつボ~足は第二の心臓~』でした。

 

 

  ◎第1回の放送内容はこちら

  ◎第2回の放送内容はこちら

 ◎第3回の放送内容はこちら

 ◎第4回の放送内容はこちら

 ◎第5回の放送内容はこちら

  ◎第6回の放送内容はこちら

  ◎第7回の放送内容はこちら

  ◎第8回の放送内容はこちら

  ◎第9回の放送内容はこちら

  ◎第10回の放送内容はこちら

 

令和元年度・臨床研修修了証授与式が執り行われました

令和元年度、臨床研修修了証授与式が執り行われました。

新型コロナウイルスの影響で例年よりも規模を縮小しての開催となりましたが、卒業する6名の先生方は新たなるステージでの決意を力強く語ってくれました。

f:id:kyouryoukai:20200324172521j:plainf:id:kyouryoukai:20200324172728j:plainf:id:kyouryoukai:20200324172748j:plainf:id:kyouryoukai:20200324172546j:plain

当院での2年間の初期研修を終えた6名の医師が、新たなるステージへ旅立ちます。先生方の今後益々の発展とご活躍をお祈りします。

◎一宮西病院 研修医募集サイトはこちら

YouTube<一宮西病院>チャンネル【新人看護師の1日】ICU看護師

一宮西病院・ICU配属、2年目看護師のある1日を追いました。

ICUという一般病棟とは異なる特殊な環境で、彼女は日々どんなことを思い“看護師”という仕事と向き合っているのか?彼女の1日を追う中で見えてきた、看護師の「リアル」をぜひご覧下さい。


新人看護師の1日(一宮西病院/ICU看護師)※改訂版

CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第10回(令和2年3月11日放送内容)

CBCラジオ「健康のつボ~足は第二の心臓~」 第10回(令和2年3月11日放送内容)
出演/つボイノリオさん(タレント)、小高直子さん(アナウンサー)、市橋敬医師(一宮西病院循環器内科医長)

f:id:kyouryoukai:20200123164642j:plain

(小高)水曜日のこのコーナーは『健康のつボ~足は第二の心臓~』。血管が専門の先生に血管の病気についてお話を伺います。ゲストは一宮西病院・循環器内科医長の市橋敬(いちはしけい)先生です。よろしくお願いします。

(つボイ)よろしくお願いいたします。

(市橋)よろしくお願いします。

(小高)今週は、先生のご専門『カテーテル治療』について伺っていきます。これは、このコーナーの心臓病でも脳卒中でも出てきましたから、「あれか!聞いたな」と思っている方もいらっしゃるかと思います。坪井さんや私に至ってはカテーテル経験者ですね。

(つボイ)経験者ですよ。私は心臓カテーテル

(小高)心臓にカテーテルを通して、血管を広げる治療ですね。

(つボイ)詰まっているところを広げる治療でした。

(小高)私は不整脈でしたので、心臓まではいきませんがその前の部分をジュッと焼く治療でした。カテーテルと一口に言ってもいろんな治療があるのですよね。

(市橋)そうですね。細長いチューブ状の機械を使って治療することを、全般的にカテーテル治療と呼んでいます。つボイさんや小高さんのように、よくご存知の方もおられると思うのですが、お付き合いいただいてよろしいですか?

(小高)もちろんです!まず、『カテーテル』というのはどのようなものですか?

(市橋)大体1mmです。太いもので5 mmで、それ以上のものもあります。

(小高)ほう。このチューブを血管に通すのですよね?

(市橋)血管の中に通して目的の場所まで到達させて、そこで広げたりあるいは血の塊を吸ったり。そういった特殊な器具をさらに中に入れて作業していきます。

(つボイ)小高さんみたいに、ジュッと焼いたりすると。

(市橋)そうですね。『不正脈アブレーション』という名前がついています。アブレーション用のカテーテル器具を使って治療していきます。

(つボイ)なるほど。

(小高)先生の場合は足の治療ということになると思うのですが、足のカテーテル治療をするときはどういう状況の時ですか?

(市橋)これまでに話した、歩いてるとふくらはぎが痛くなってくる『跛行症状』ですね。この場合は、ひざの上までが治療対象となります。また一方で、血流不全で指に傷が出来て治らない患者さんは、膝から下を含めた全部の血管を治療対象にしております。

(小高)カテーテルを膨らますのですか?

(市橋)そうですね。カテーテルチューブの中に細い風船を入れていき、狭いところを広げます。風船で拡張が得られない場合は、ステントという金属製の網を中に留置して、広げた状態を確保して帰ってきます。

(小高)じゃあ、つボイさんの心臓の治療とよく似た感じですよね。

(市橋)そうですね。

(つボイ)膨らみっぱなしで、しぼんでないんじゃないかなと思っちゃうよね。

(小高)私もカテーテル入ったままじゃないかって…そんなことはないです。全く余計なこと言って。

(つボイ)ははは。失礼しました。

(小高)カテーテル治療をすると、一気に症状は良くなるのですか?

(市橋)そうですね。驚くほど良くなって、ゴルフで半分もまわれなかった方が「全部まわれるようになって良かったよ~」と言ってくれる方もいますし、傷があった方が嘘のように消えたりとか、劇的に症状が改善する方もいらっしゃっるので、こちらとしてもやりがいがある治療です。

(つボイ)手術はどれくらい時間はかかるのですか?

(市橋)幅はありますが、大体1~2時間で終わってしまいます。

(小高)スペシャルドラマを見ていたら終わっちゃうね。

(市橋)映画一本分くらいで終わりますかね。

(つボイ)でもその間、先生や看護師さんにとっては大変な2時間ですよ。

(小高)私らは寝ているだけですがね。入院はどのくらいの期間でしょうか?

(市橋)前日から入院して頂いて、治療して翌日退院する場合は2泊3日です。様子を見る場合は3泊4日あたりになるかと思います。

(小高)なるほど。カテーテルで広げてもらったら症状は良くなりますが、基本的に血管が詰まりやすくなるような悪い生活習慣を続けるとまた別のところが詰まってしまったりするのですか?

(市橋)そうですね。再発することも多いですので、生活習慣の改善というのが基本になるかなと思います。

(小高)つボイさんもね。1回心臓で広げてもらったから安心してたらいけないと。それは足も心臓も一緒ですよと。

(つボイ)そういうことですね。

(小高)はい。普段の生活から気をつけておきましょう!ということで今日も一宮西病院の市橋敬先生にお話を伺いました!来週も宜しくお願いします。新生活フロッピー『健康のつボ~足は第二の心臓~』でした。

  ◎第1回の放送内容はこちら

  ◎第2回の放送内容はこちら

 ◎第3回の放送内容はこちら

 ◎第4回の放送内容はこちら

 ◎第5回の放送内容はこちら

  ◎第6回の放送内容はこちら

  ◎第7回の放送内容はこちら

  ◎第8回の放送内容はこちら

  ◎第9回の放送内容はこちら

 

YouTube<一宮西病院>チャンネル【感染管理認定看護師監修/正しい手洗い&一宮西病院の対応】

感染症対策として『手洗い』は重要な手段の一つです。新型コロナウイルスのニュースで、みなさんの関心も高まっているのではないでしょうか?

アルコール消毒液を備える職場やご家庭もあるかと思います。
日常的に感染予防を心がけている方も、今一度【正しい手洗い&手指消毒】を確認していただき、ご自身が感染しない・他の人にうつさないよう意識しましょう。

一宮西病院の感染拡大防止対策の様子(2020年3月5日現在)も、動画の最後に紹介しております。


【新型コロナウイルスに対して今できること】正しい手の洗い方&一宮西病院の対応 

YouTube<一宮西病院>チャンネル【こどもの咳のお話】第6回『睡眠時無呼吸の精密検査』

YouTube<一宮西病院>チャンネル【こどもの咳のお話】、最終回となる今回は「睡眠時無呼吸の精密検査」についてです。講師は一宮西病院・小児科部長の杉山剛医師です。

■一宮西病院WEB医療講座【こどもの咳のお話】
■第6回(最終回)「睡眠時無呼吸の精密検査」
■講師 / 一宮西病院・小児科 部長 杉山剛医師


ユーチューブ医療講座「子どもの咳」~第6回睡眠時無呼吸の精密検査~