愛知医科大学病院・宮地教授を招いて「脳卒中カンファレンス」を開催

一宮西病院では、脳卒中に携わる全職員を対象とした「脳卒中カンファレンス」を定期的に開催しています。今回は愛知医科大学病院・脳血管内治療センターの宮地茂教授を講師としてお招きし、「脳梗塞急性期治療の動向」と題して血管内治療の現状をお話いただきました。

f:id:kyouryoukai:20180220142405j:plain

<開催概要>
■タイトル:第4回脳卒中カンファレンス~脳梗塞急性期治療について~
■開催日時:2018年2月19日(月) 19:00~
■テーマ:
(第一部) 「当院での脳卒中診療の取り組み」 講師 / 一宮西病院・脳神経外科医長 伊藤圭佑
(第二部) 「脳梗塞急性期治療の動向」 講師 / 愛知医科大学病院・脳神経外科教授 宮地茂 

f:id:kyouryoukai:20180220142454j:plain
愛知医科大学病院・脳神経外科の宮地茂教授

f:id:kyouryoukai:20180220142513j:plain
一宮西病院・血管内治療センターの根来眞医師

一宮西病院における脳血管内治療は、一昨年よりストロークチーム24時間365日体制を整備したり、アメリカではすでに標準治療とされている「血栓回収療法」をいち早く導入するなど、特に力を入れている治療の一つです。これからも脳卒中に関する知識・情報を精力的に吸収するとともに職員個々が研鑽に励み、地域の脳卒中治療へ貢献してまいります。

血栓回収療法の紹介ページはこちら

尾西記念病院・呼吸器内科、國枝医師の写真展を開催

尾西記念病院呼吸器内科・國枝医師の診察室には、ご自身で撮影した沢山の写真が飾られています。今までは呼吸器内科の患者さまにだけご覧頂いていたのですが、國枝医師の素敵な写真をもっと多くの方にも見ていただこうと、外来フロアに特設会場を設け、写真展を開催する事となりました。

f:id:kyouryoukai:20180219160021j:plain

展示されている綺麗な写真の数々は、外来患者さまやリハビリをがんばっていらっしゃる患者さまとの話のきっかけにもなり、病院全体の素敵な雰囲気作りにも繋がっています。一緒に働いている病院職員にとっても、國枝医師の新たな一面を発見するきっかけとなりました。当院には國枝医師以外にも写真好きな医師が多くいますので、将来的には「医師写真展」を不定期で開催していきたいとも思っています!

もうすぐ寒い冬から春になります。桜並木がとても綺麗な尾西記念病院では、昨年に続き「桜写真コンクール」を予定しています。地域の皆さまと職員が一緒になり、カメラやスマートフォンで撮った写真が飾られます。

f:id:kyouryoukai:20180219155958j:plain

今後も尾西記念病院では地域との交流を大切に、写真展をはじめいろいろな企画を開催していきます!

病院をより身近に感じてもらうため、ドクターが地域のマラソンへ参加!

尾張西部医療圏で救急・急性期医療を担う一宮西病院はここ数年、医療圏外からも患者数が増加しております。当院では地域の急性期病院として、これまで以上にその使命を果たしていきたいと考えています。そのような状況下、周辺地域の皆さまに一宮西病院をもっと身近に感じてもらおうと、当院の職員が「一宮西病院」のロゴ入りユニホームを着て、市外各地域のマラソン大会に出場しています。

今回走ったのは、またまた呼吸器内科の中島先生!タフガイぶり本当にスゴイです!!2月4日(日)開催「トレーニングin庄内緑地(ハーフ)」及び同12日(月・祝)開催「ナゴヤランナーズトライアル(30キロ)」に参加、完走しました。(会場:いずれも名古屋市西区庄内緑地公園)

f:id:kyouryoukai:20180215084815j:plainf:id:kyouryoukai:20180215084822j:plainトレーニングin庄内緑地(ハーフ)

f:id:kyouryoukai:20180215085100j:plainf:id:kyouryoukai:20180215085106j:plainゴヤランナーズトライアル(30キロ)

本企画は、マラソン参加費用を病院が一部負担することで、職員がマラソン大会に参加しやすい環境とし、職員の健康増進のサポートも兼ねており、「病気を治す病院の職員こそ、心とカラダが健康である必要がある!」という考えによるものです。各地域の皆様と触れ合いながら汗をかくことで、その地域の住民の皆様との距離も縮めていきたいと思います。

◎関連記事はこちら

連載企画 『これだけは知っておきたい!心臓の病気のお話』 第9回

f:id:kyouryoukai:20171124171615j:plain

第9回 心臓カテーテルってなんだ!?

カテーテルとは、狭心症心筋梗塞の診断や治療に用いる細い管のことです。直径2~3mm、長さ約1mの細長く柔らかい管です。心臓カテーテル検査では、この管を局所麻酔で手首や太ももの付け根の血管から心臓まで通し、造影剤というX線に写る薬剤を冠動脈に注入し血管の狭窄や閉塞を見つけます。「心臓や血管に管を通すなんて痛そう。。。」と思われるかもしれません。でもご安心ください。心臓や血管の内側には痛みの神経はありませんので痛みを感じることはありません。ただし、はじめにカテーテルが皮膚に入る所だけは痛みを感じますので、局所麻酔をして痛みを和らげます。その際多少の痛み(採血や注射と同じくらいの痛み)は感じますが、一旦カテーテルが血管内に入ってしまえばあとは痛みを感じることはほとんどありません。検査時間は30分程度です。現在は心臓カテーテル検査の9割以上は手首から行っていますので、検査が終わればすぐに歩くことができます。ただカテーテルを通した手首は専用のバンドで6時間程度押さえて止血し様子を見ますので、当院では基本的には2泊3日の入院(検査前日午後に入院、検査翌日午前に退院)で行っております。もし検査で病気が見つかれば心臓カテーテル治療を行いますが、これは次回に詳しくお話したいと思います。

一宮西病院 循環器内科 医長 寺村 真範(てらむら まさのり)

Dr.Dan's Washington DC Report ~旦医師のワシントンDC留学レポート~ (vol.4)

一宮西病院・循環器内科の旦 一宏(だん かずひろ)です。
高速道路の運転に慣れ、こちらの免許も取得したので、ボルチモアの水族館へ行きました。名古屋港水族館ではないので子供の好きなシャチはいませんでしたが、良い施設だったのでまた行く予定です。

f:id:kyouryoukai:20180213082403j:plainf:id:kyouryoukai:20180213082412j:plainf:id:kyouryoukai:20180213082421j:plain

渡米して3か月経って、徐々に仕事が増えてきています。来月はDCで当院Waksman先生主催のCRTに、OrlandoでACC2018に参加します。今年のDCは寒暖の差が激しいので、体調に気を付けながら過ごしたいと思います。
◎一宮西病院・循環器内科紹介ページはこちら

一宮西病院 循環器内科 副部長 旦 一宏(だんかずひろ)

一宮西病院に赴任します ~心臓血管外科医 菊地慶太の手術日記~

2月より一宮西病院に赴任致します。一宮西病院ではMICS CABG も含めた低侵襲心臓手術や様々な最先端の治療を循環器内科の先生方をはじめハートセンター一丸となって取り組んでまいります。ぜひよろしくお願い致します。 

f:id:kyouryoukai:20180207171557j:plain

心臓血管外科医 菊地慶太

◎菊地慶太医師の公式ブログはこちら
心臓血管外科医 菊地慶太の手術日記 – 心臓血管外科医 菊地慶太 WEB SITE

◎菊地慶太医師のプロフィールはこちら
PROFILE – 心臓血管外科医 菊地慶太の手術日記

 

一宮西病院の看護師が市内の中学生に向けて「職業」についての講義をしました

当院のベテラン看護師が一宮市内の三つの中学校を訪問し、第1学年の生徒を対象に「職業」に関する講義を行いました。

f:id:kyouryoukai:20180206111713j:plain

これは市内の各中学校が、キャリア教育の一環として実施している学習活動です。生徒たちが実際に働く人たちとのふれあいを通じて、働くことへの興味や関心を高め、望ましい「職業観」「勤労観」を身につけてもらう事を目的とした活動です。未来を担う子供たちに、職業の選択肢として「医療」への興味を持ってもらうため、当院としても毎年この活動に協力させていただいております。

概要① 一宮市立浅井中学校【職業人と語る会】

講師:野村笑子(一宮西病院・看護部・F8病棟看護副師長)
テーマ:看護師の仕事と進路について
日時:平成30年1月25日(木)f:id:kyouryoukai:20180206110820j:plainf:id:kyouryoukai:20180206111104j:plain

概要② 一宮市立奥中学校【職業人に学ぶ会】

講師:稲葉菜穂(一宮西病院・看護部・F9病棟主任)
テーマ:看護師のお仕事
日時:平成30年1月30日(火)f:id:kyouryoukai:20180206111339j:plainf:id:kyouryoukai:20180206111312j:plain

概要③ 一宮市立西成中学校【地域の方から学ぶ会】

講師:長瀬仁(一宮西病院・感染対策室・感染管理認定看護師)
テーマ:「職業」について~18年目の看護師が語る~
日時:平成30年2月5日(月)f:id:kyouryoukai:20180206111604j:plainf:id:kyouryoukai:20180206111631j:plain

当院はこれからも様々な形で、地域との密接な連携を大切にしてまいります。